北海道の歴史を語る上で、
意外と知られていないのがハッカです。

明治時代、北海道網走管内の開拓農家達によって 生産が開始されたハッカは 昭和初期頃には世界市場の70%〜90%を占めます。
これにより日本はハッカ生産国となり 漢字で「薄荷」その名の通り、運搬効率の良さから
北海道に莫大な富をもたらし、ゴールドラッシュのような時代がありました。
その後、インド、ブラジル産の安価なハッカや、合成ハッカなどにより衰退し 現在は、当時の面影を知る人は少なくなってきました。

網走管内の資料館を巡ると、蒸留機によく出会います。
当時の歴史を語る貴重な資料です。
そして、北海道北見市は大きな生産地でした。
今も北見で歴史と北海道のハッカの魅力を現代に伝えてくれているメーカーさんがあります。


ハッカの街 北海道「北見」が生んだ入浴剤。
当社契約農園で育てられた「和種ハッカ」を配合、爽やかな「ミントグリーン」のにごり湯に仕上げました。
封を切った瞬間、懐かしい透明感のある香りが広がります。

※冷凍品と同梱不可

【商品名】Sel de Menthe(セル・デ・メンタ)徳用ボトル
【内容量】450g(約15日分のお徳用です)×3 1回使用量30g(キャップで3杯)

※冷凍品と同梱不可

【割引送料込】【北見ハッカ通商】
Sel de Menthe(セル・デ・メンタ)
徳用ボトル(和種ハッカの入浴剤)450g×3

  • 5,200円(内税)
型番 ボトル ミントバス 3
数量